車椅子の選び方

手すりや歩行器を使っての自力歩行が困難になってきたら、車椅子を利用しましょう。車椅子があれば、家の中での移動も楽に出来て、外出もできるので、生活空間が広がり、社会性が保てます。

車椅子は介護保険の適用(要介護2級以上、または日常的に歩行困難)があればレンタルが可能です。

車椅子にはさまざまな種類がありますが、いずれのタイプも、乗る人の身体に合った車椅子を選ぶことが大切です。実際に乗る人に試してもらうのが一番ですが、それができない場合には、カタログなどでシートの高さ、幅、肘掛けや背もたれの高さなどを細かくチェックしてください。サイズが合っていないと、長時間座っていると肘掛けの高さが高く腕が疲れたり、身体が不安定になったりして、疲れやすくなります。

レンタル業者の中には、サンプルを持参してくれるところもありますので、試乗をして確認するいいと思います。

車椅子の種類

自走用車椅子

後輪が大きめで、使用者が座って自分で動かせるタイプ

介助用車椅子

後輪が小さめで、介助する人が操作するタイプ

リクライニング(介助用)車椅子

背もたれが長く、リクライニング機能がついている

電動車椅子

ハンドルタイプ・・・歩道を走れる外出用。ハンドルで操作

ジョイスティックタイプ・・・ジョイスティックというコントローラーで操作。室内、屋外でもOK。

アシストタイプ・・・介助者が坂道などを走行させるときに動力をアシストして、楽に操作できる。

車椅子選びのポイント

①肘掛けの高さは、ひじを無理なく曲げた高さ
②シートの高さは、ひざ下の長さ
③シート幅は、お尻の幅より5cmくらい広め
④背もたれは肩甲骨の下の高さ
⑤座面の奥行は、背もたれにお尻を付けて座り、ひざの内側よりやや短め

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ