車椅子への移動

1人で立ち上がれることができ、自力でベッドから車椅子に移動するときは、必ずストッパーをかけて、フットレストは上げておきます。身体の片側に障害がある場合は、障害のない側に車椅子をつけておくと、移りやすくなります。
1人ではつかまり立ちも出来ない場合は、号令をかけながら協力してもらうと、お互いに無理に力を入れなくてもスムーズに移れます。その際に、介助ベルトや座ったままの姿勢で横滑りさせて移動できるスライディングボードなどを利用しましょう。

自力で移動の場合

①車椅子をベッドの斜めにつけて置き、ストッパーを掛けて、フットレストを上げておく
②麻痺のない手で車椅子のひじ掛けにつかまり立ちあがる
③立ち上がったら、反対側のひじ掛けにつかまり、身体の向きを変える
④車椅子に対して完全に背を向けて、お尻を下ろす

介助して移動の場合

①片足をひざの間に差し込んで、腰を支えて立ち上がらせる
②ひざを介護者のひざで支えながら、足を支点にして腰を回し、車椅子のほうへお尻を向かせる
③ゆっくりと腰を下ろさせる

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ