介護用ベッドの選び方

サイズ選び

起き上がるのに苦労をする、しゃがみにくいなどの理由で布団よりもベッドを選ぶ高齢者が増えています。

また、ベッドは布団に比べて、通気性や保温がよく、敷上げがないので、ほこりが立ちにくいなどの利点もあります。

介護用のベッドは、介護保険の適用を受けていればレンタルできますので、そちらも利用しましょう。

起き上がりにくい、寝返りしにくいなどを解消するため、ベッドにはサイドレールと呼ばれる柵や、乗り降りの支えになる介護バーなどが取り付けることができます。

ベッドの高さを調節することで、衣類の着脱介助や、車椅子へ移動がラクになり、介護者の負担が軽減されます。

ベッド選びを考えるときに、まず基本となるのはベッドのサイズです。ベッドの幅を決めるときには、介護や寝返りなどを考慮します。

従来の介護ベッドは、病院サイズと合わせた幅83cmが主流でしたが、現在では83~100cm幅に種類が増えています。使用する人の体格が中肉中背で、自力で寝返りや離床が出来る場合は、寝返りがしやすい91~100cm程度がいいでしょう。

また、長さも身長に合わせて選びましょう。ショート(150cm未満)、レギュラー(170cm未満)、ロング(185cm未満)などのサイズがあります。
ベッドの高さは、腰掛けて足がつく高さが、介護する人も力が入れやすくていいでしょう。

マットレスの硬さも重要です。長時間使用するものなので、寝心地を重視します。マットレスは硬め、普通、柔らかめなどの種類がありますので、片手で押しても沈まないくらいの張りのあるタイプがベッドから立ち上がりやすく、寝返りも打ちやすいです。

ベッドの基本的なことが決まったら、介護される人の状態に合わせた機能、そして価格を考慮して決定します。もし、迷ったら理学療法士や福祉用具のレンタル業者に相談するといいでしょう。

種類と機能選び

介護用ベッドは、寝たきりを防止して自立支援に役立つ機能が組み込まれています。使う人の身体の状態を選びます。何を目的にしているかというのがポイントとなります。

ベッドを置くときは壁に寄せずにベッド左右に介護できるスペースをとりましょう。電動式の場合はコンセントの位置も考慮します。出入り口ドアの開閉状態や、車椅子の回転スペースの確保を考えてベッドの頭の方向を決めます。

便利な介護ベッドの機能

背上げ機能、ひざ上げ機能(背もたれの角度が調節できる)
背上げをするときに、ひざ上げも連動して動くと安定しやすいです。ひざ上げをすることで、むくみ対策にも効果的です。病院で使われているギャッジベッドと呼ばれるタイプは、電動式で寝たままの状態から背上げ、ひざ上げができるので便利です。

床高さ調節機能(高さが調節できる)
使う人が腰掛けた時に高さを低めに設定すると、足が床について安定します。介護する人の身長で作業しやすい高さにすると、介護がしやすくなります。

ベッドで使えるテーブル
ベッドの上で使える移動式テーブルがあるとベッド周りが便利になります。簡単に移動できるものが便利です。

サイドレールと介護バー
寝ている人の転落や寝具の落下を防止するサイドレール、寝返りを打つとき、起き上がるとき、立ち上がるときにつかまれる介護バーがあると便利です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ