清拭

清拭とは、蒸しタオルで身体などを拭き、清潔に保つことです。入浴が出来ないときは、蒸しタオルで身体を拭くだけでもさっぱりした気分になります。

清拭によって血行を促すことで、床ずれや細菌感染の予防になります。

清拭は週1回以上入浴できる場合には、蒸しタオルで身体を拭くだけですが、入浴が全く出来ない場合は、蒸しタオルに石鹸をつけて洗い、石鹸がなくなるまで拭くことを繰り返します。

さまざまな清拭剤が市販されていますので、石鹸が使えなくても、それらを上手に使いましょう。

清拭の準備

・バケツ       ・洗面器
・お湯(ポット)   ・バスタオル2~3枚
・石鹸または清拭剤 ・着替え
・蒸しタオル6~8枚(顔用、身体用、陰部用と色分けしておくといい)

※蒸しタオルの作り方

①熱い湯につけたタオルと乾いたタオルを重ねて絞る。
②濡らして絞ったタオルをスーパーの袋などに入れて、電子レンジで加熱する。
(600Wの場合:8本で4分が目安)
<拭きやすい清拭用タオル>
①長い部分を半分に折ったタオルを、さらに三つ折りにする
②折ったタオルの間に手を半分ほど入れ、手前にたたむ
③たたんだタオルの先端を、手を入れた内側に折りこむ
④折りこんだ部分を親指で押さえながら使う

清拭のやり方

※一度に全部拭こうとすると身体が冷えますので、顔と首、手足以外は、部分ごとに日を替えて行うといいでしょう。
①日中の暖かいときに行う(室温22~26度)
②寒くないように、身体にバスタオルを掛けて、露出部分を少なくする
③顔→首→両腕→手→胸→腹→背中→お尻
④下肢→足指→陰部
⑤必要に応じてボディクリームを塗る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ