「移動」の記事一覧

歩行器と杖

下肢に障害がある場合や、長期療養による下半身の筋力低下などがあると、自力で歩行ができずに転びやすくなります。介護生活において、転倒による骨折やねんざは気を付けないと、寝たきりの原因となります。 足元がふらついても、両腕が使える場合は歩行器を使うと、身体を支えることができて、安全に歩行できます。介護保険適用でレンタルできるものもありますので、理学療養士など専門家に相談して選びましょう。 また、高齢になり歩くバランス感覚が低下したりした場合には、杖を使って歩く練習をしましょう。杖を正しく使って身体を支えると、歩行も安定します。杖にはさまざまな種類がありますので、専門家のアドバイスを受けましょう。杖・・・

車椅子の選び方

手すりや歩行器を使っての自力歩行が困難になってきたら、車椅子を利用しましょう。車椅子があれば、家の中での移動も楽に出来て、外出もできるので、生活空間が広がり、社会性が保てます。 車椅子は介護保険の適用(要介護2級以上、または日常的に歩行困難)があればレンタルが可能です。 車椅子にはさまざまな種類がありますが、いずれのタイプも、乗る人の身体に合った車椅子を選ぶことが大切です。実際に乗る人に試してもらうのが一番ですが、それができない場合には、カタログなどでシートの高さ、幅、肘掛けや背もたれの高さなどを細かくチェックしてください。サイズが合っていないと、長時間座っていると肘掛けの高さが高く腕が疲れた・・・

車椅子への移動

1人で立ち上がれることができ、自力でベッドから車椅子に移動するときは、必ずストッパーをかけて、フットレストは上げておきます。身体の片側に障害がある場合は、障害のない側に車椅子をつけておくと、移りやすくなります。 1人ではつかまり立ちも出来ない場合は、号令をかけながら協力してもらうと、お互いに無理に力を入れなくてもスムーズに移れます。その際に、介助ベルトや座ったままの姿勢で横滑りさせて移動できるスライディングボードなどを利用しましょう。 自力で移動の場合 ①車椅子をベッドの斜めにつけて置き、ストッパーを掛けて、フットレストを上げておく ②麻痺のない手で車椅子のひじ掛けにつかまり立ちあがる ③立ち・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ